いつまでも神の子ども

神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。 ローマ8:14

情報源: いつまでも神の子ども

アーメン!

神様は生きておられる。

このタイミングでこのメッセージw

神に従う人は神の子どもだ

これを骨身にしみて感じた体験をしたので、1つご紹介。

詳しくはもうしませんが、仕事上の事でお客様から”損害賠償請求”を突きつけられる事態に遭遇しました。

理由は”質の悪い作業をしたから”でした。

その額は数十万に及ぶ可能性がありました、

これを上司から告げられ、どんぞこに突き落とされるような衝撃を受けました。

障害者年金で暮らす人間なので、食べていくので精一杯。

数十万のお金を請求されても払えるはずないです。

上司には障害の事は一切言っていませんでした。

だから最後まで”わがままで身勝手な人間”に終始しました。

発達障害者でバイトを含めて一般就労を検討している人へ、毎度していたアドバイスは「最初に告知した方が良い」だったのです。

でもいざその現場にたったら・・・・。

カイコ・・・この3文字が頭をよぎる。。。
恐怖、強烈なストレス、過去に体験したいやな思い出がよぎる。。。。

最後に告知したら・・・・

”なんで早く言ってくれなかったんですか~😭

もしかしたら最悪の事態避けられたはず。

今さら・・・”

と言われました。

・・・で、再度だめ押しでクライアントと交渉してみてくれるそうです。

・・・で、

”もし障害を告知して、解雇する会社ならそれまでの会社ですよ。

実は自分も注意欠陥障害なんです。

だから工夫して管理職やっているしだい。

まだ解雇はしません。

他でカバーできる方法を探るので、お待ちください。

注意欠陥ならなおさら工夫しなきゃだめです!”

と言った事を言われました。

これも、いつも他の当事者(相談者さん)に言ってきた事だった・・・

まだどうなるかわかりません。

ただうれしかった事はSNSにSOSを出したら、複数の人が一生懸命アドバイスをくれた事です。

最初は冷酷と想っていた上司が、実は誰よりも心強い理解者だったた・・・・。

主に何度も”この仕事で御栄光あらわしてください”と、必死でお祈りしても、どこかすきま風が吹き抜けるようで、まったく主を感じる事ができなかった理由は、わたしの不信でした。

わたしはいったい何を恐れていたのでしょうか。

イエス様を十字架にかける決断をしたピエトのように、人の評判や自分の名誉が大事だった・・・・

神様を信頼して大胆に主にゆだねていなかった事が、わたしにとっての一番の問題だったのです。

それでもなお、主は生きておられる、すばらしい愛すべき人をたくさん周りにおいて守ってくださっている主に、心から感謝します。

再度いいます。

主は生きて働いていてくださっているのです。

いつもわたしの背後で。

主に御栄光

広告

讃美歌545番「父の御神に」

 

父の御神に 御子に 清き御霊に

昔ながらの 御栄えあれや

ときわに アーメン アーメン

被造物の歌

天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。 詩篇19:1

情報源: 被造物の歌

アーメン!

ああ思い出しました。

小谷村にいた時、朝の4時。

畑に囲まれたあぜ道で、突然聞こえてきたのは、天と大地と山がかなでる大合唱でした。

その美しさにわたしは圧倒されて言葉がでなかったのです。

これを誰に話しても帰ってくる言葉は・・・・

 

”すばらしい創造力ですね”

やはり星や、くじらたちは音楽を奏でていたんですね・・・。

 

人に聞こえない周波数で。

でもある瞬間に聞こえる事があるのだと、わかりました。

でもそのタイミングは神様にしかわかりません。

主は生きておられる。

わたしの人生にも深く関わってくださる。

 

何度も何度も・・・・

この仕事で御栄光をあらわしてください、主よ、助けてくださいと祈ったのに、なぜかいつも心の中がすかすかで・・・・。

 

(もしかしたら神様の意図とは違う?)

お金が欲しい・・・・

お金がないと身動きとれない・・・

そこにみじんも神様への信頼がなかったわけでもないけど、どこかで違う、違うという心の声を無視して、無理に続けていたら、ついに終止符が打たれようとしている今。

 

高額の損害賠償請求をされるかかもしれない・・・。

仕事も当然なくなるだろう・・・。

わたしが本当にしたかったのは・・・。

すべきだったのは・・・。

神様、また間違えちゃったんですね・・・。

今度こそほんとうに主の御心を行わせてください。

主に従わせてください。

主の御心のままに。

 

 

愛の美しさ

あなたの泉を祝福されたものとし、あなたの若い時の妻と喜び楽しめ。箴言5:18

情報源: 愛の美しさ

 

アーメン!

主よ、わたしのつぶやきを聞いていたのですか?

こっそり心でつびゃいた事まで聞いていらっしゃったんですか?

わたしのすべてをご存じで、じっと見守っていてくださる神様、どうかあなたの前に誠実に歩み、そして主に誉れをお返しできますように。

まずは仕事で御栄光をあらわさせてください。

主の名において。

アーメン

疑問があっても礼拝する

私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。詩篇13:5

情報源: 疑問があっても礼拝する

アーメン!

神様はさすがに鋭い!

まるで申し合わせたように、わたしがリアルに抱えている問題に、ぴったりフィットするようにメッセージと御言葉を贈ってくださるのですね。

神様は生きておられる。

それを今朝はほんとに想いました。

ハレルヤ!

まさに今のわたしは詩編13章の作者のような状況です。

一寸先は闇が耐えられず、すぐ不安になります。

神様から目をそらしている時のわたしは最悪です。

でも必ず主に引き戻してくださるのが、神様。

 

御言葉をのべつたえなさい、

時が良くても悪くても・・・・

この御言葉では話術で人々を魅了しなさいとは教えていません。

示された方法で主の愛を分かち合いなさいの意味と理解しました。

先の見えない人生の旅路を、後ろ向きに生きるよりも、主がこのような悪い者をも愛して、笑顔に変えてくださるのを信じて、きょうも歩み続けよう。

 

主に感謝

 

 

新聖歌124「ハレルヤ 戦い終りて」(復活・イースター・昇天)オルガン演奏

思い切れない

高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。ローマ8:39

情報源: 思い切れない

アーメン!

昨日思い出したばかりの御言葉ですやん!

神様がわたしに一番伝えたかった事、”わたしはいつでもそばにいるよ”。

人間よりも頼りになる。

寂しくならないように、人間もおいてくださったんですね。

寒いのはうつには毒です。

せめて聖霊様の力で暖かくなりましょ♪

神様との対話。今でも時々あるんですよ。

わたしの愚痴をなんでもきいてくださる神様に感謝。

そして、愛してます!

ああ、絵が描きたい。

Θέλω να είμαι πάστορας και θέλω να μοιραστώ την αγάπη του Θεού με όλους

 

主に御栄光

自分の人生を分かち合う

ルツは言った。「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。ルツ記1:16

情報源: 自分の人生を分かち合う

アーメン!

わたしも多くの生きづらさを抱えた人たちと、神様の愛を分かち合いたい、わたしの人生を同胞たちにささげたいと、高い理念をかかえて生きていたはずでした。

 

でも・・・

日々仕事や雑務に追われて、いつのまにか祈りを忘れました。

謙遜の意味がわからなくなりました。

いつもいらいらして夫や身近な親しい人たちにぶつけました。

だんだん心がすさんでいきました。

ふっとここに来て思い出しました。

”お祈りしたい”

”最後に神様とお話したの、いつだっけ・・・”

・・・て、よく考えてみたらほんの2~3日程度でした。

でも1年くらい神様から離れていたような感覚・・・。

サタンはたくみです。

身近にあるごく慣れ親しんだものを利用して、神様から魂をまんまと引きなしたつもりになってる?

聖霊様、感謝します。

 

どれだけわたしが悪い者であっても、わたしが神様を忘れている時でも、神様のまなざしはちゃんとわたに向けられているんです。

そしてちゃんと神様に帰れるようにしてくださる。

それをとても感じました。

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。ローマ8:30-31

アーメン。

 

主に感謝

ザリガニの苦境

だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行うよう務めなさい。Ⅰテサロニケ5:15

情報源: ザリガニの苦境

アーメン!

ああなんだか、自分を見ているようです。

きっと今のわたしがザリガニです。

とっても自分がみじめ。

一方で、気持ちがとても安定しているといえば安定してます。

だけど簡単には心が動かず。

自分はちっともクリアではない、

きっとわたしが今学ぶ事があるとすれば、謙遜?

人の足を洗う事?

イエス様からまだまだほど遠いですね。

主よ、人をけなしたいという誘惑にかられるとき、むしろ、認める、という選択ができるように助けてください。

主の名において。

アーメン

 

無限の愛

こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。エペソ3:17-19

情報源: 無限の愛

アーメン!

「キリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。」

わたしにとって永遠のテーマです。

神様はいつでも心に住んでくださるお方。

追い出しているのはわたし。

”一寸先は闇”はほんとに不安です。

何か悪い事が自分におきるんじゃないかといった疑心暗鬼。

神様が悪い事をするはずない、きっとそうだ・・・・。

この言葉が頭の中にぐるぐる廻っている・・・。

神様への不信感は、お祈りで切々と思いを訴えて、しっかり気落ちを受け止めてもらいながら、安心感をいただいている感じです。

 

人間よりもずっと安心できる。

人間よりも信頼できる。

 

主はほむべきかな

 

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。