石を投げること | デイリーブレッド公式サイト 

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」 ヨハネ8:7

情報源: 石を投げること | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

まだ未信者だった頃、この箇所を読んで(マグダラのマリア?)罪の女のファンになりました。彼女の痛みが当時のわたしには、リアルに感じ取れたからです。そして主の言葉「わたしもあなたを罰しない。お帰りなさい。今後はもう罪を犯さないように」が、どれだけ優しく静かにわたしの心の深いところにまで、注ぎ込んできた事でしょうか。

 

まるで春のそよ風のように優しく、暖かく静かに傷だらけの心を包み込んでくれるのです。自分の罪を棚にあげて誰かを非難している時、実は自分もまったく同じ事を繰り返していた事に、ある時はたと気づかされました。

どこかでそんな自分を許せない、もう一人の自分がいて本来自分に向けるべき言葉を、相手にぶつけて罪荷を代替わりしてもらっていたのです。まったく周囲への感謝がない高飛車のわたし。

認めたくないけど紛れもない事実です。どうか簡単に裁かず許せる自分になれますように。厳しさを含めて今できる最上のサポートを、周囲に捧げられますように。

主に感謝

~本日のお祈り~

豊科教会(丸山文正牧師)

少数派で苦しむ人の救いのために

広告

断食の心 | デイリーブレッド公式サイト 

万軍の主はこう仰せられる。「第四の月の断食、第五の月の断食、第七の月の断食、第十の月の断食は、ユダの家にとっては、楽しみとなり、喜びとなり、うれしい例祭となる。だから、真実と平和を愛せよ。」 ゼカリヤ書8:19

情報源: 断食の心 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

神様、いつも鋭い詰問感謝します。どれだけ良いイベントや奉仕であっても、主イエスに近づき少数派の人たちに仕えるものでなければ、主の目にかなうものとはなりません。もちろん主の御栄光を表すものともなりません。

わたしが数名の仲間と始めた当事者会は、当初は純粋にピアサポートとして、多くの人に仕えるものでした。だけどいつのまにか、個人趣味に走るものになりました。

結果真っ先にわたしがこぼれおちました。たぶんこれからもこぼれ落ちる人が、出てくるでしょう。わたしも自分の楽しみに翻弄され本来の目的を失いました。

そしたら平安はなくいつも、排除される恐怖におびえるようになりました。恨みや憎しみで健康を失いました。

神様改めて主に願います。どうかわたしの働きが真の意味で、少数派に仕えるものとなりますように。そして神様の似姿として整えられますように。

主の名において。

アーメン

大町教会(玉田真牧師 )

主に仕え少数派に使える働きが祝福されますように

驚くほど特別 | デイリーブレッド公式サイト 

私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。 詩篇139:14

情報源: 驚くほど特別 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

何度も何度も・・・悔い改めては許していただき、また離れてまたどん底、また悔い改めて・・・・の繰り返し。

どれだけはみ出しても、主は何度も許して受け止めてくださる、だから生きて来れたんだよね。そしてよくよく振り返ってみると、わたしっていうっぱいいいものもらってるじゃん!と気づく・・・改めて”主の似姿”という言葉が心にひびくのです。

自分がやらかした事は、けしてなかったことにはならない。そこは厳しい方だから。でも最後まで見捨てない。

でも期限付きです。終わりの日は必ず来るので。

なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

:エフェソの信徒への手紙/ 02章 10節

この御言葉を読むたびに、胸が熱くなります。

この恵みが信じられないと残るのは、恨みと哀しみの人生だけ。最後は永遠のほろびで終わる。

この事に気づかせてくださった主に感謝。

~本日のお祈り~

ブリュッセル日本語プロテスタント教会(川上寧・真咲牧師)

多くの魂が主イエスのあがないとよみがえりによる赦しを受け入れますように。

 

 

 

脱出 | デイリーブレッド公式サイト 

そこで彼らは、その日から、イエスを殺すための計画を立てた。 ヨハネ11:53

情報源: 脱出 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

認めます。

今の活動を始める時まず考えたのは、世間の目です。第三者からの評価と立ち位置です。自分がはみ出し者にならないために、うまく立ち回る事。教会発信?とんでもない!それこそ排除されてまう!!

きちんと枠にはまらなくては!

わたしは善良な市民です。立派に親切な人を演じなければ孤立するじゃないか!

教会なんて幻想の世界よ!

・・・・結果、苦しかった、人間不信にもなった、結局自分の活動はなんの実も生まなかった。

教会発信の集まりは平安でした。一番自分が自分らしく過ごせました、若い時は自分の力でいくらでも、演技できた。でも力が衰えてきたら・・・・。悲惨な有様。

神様は何度もヒントをくださったのに・・・。理解するのに丸10年かかった。誰よりも開放的、自由人、平安で心優しい市民、だと自分でうぬぼれていました。

わたしはどんどん神様から遠ざかっていたのです。

どうかこのような弱いわたしを憐れんでください。

 

~本日のお祈り~

喬木教会(伊奈聡、ちさこ牧師)

日々礼拝が喜びと賛美に満たされますように

ゆがんだ塔 | デイリーブレッド公式サイト 

しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。 Ⅱコリント12:9

情報源: ゆがんだ塔 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

わたしはゆがみだらけです。自己肯定感もぼろぼろだし、本音しかはけないし、普通に誰でもできることが、わたしにはできない。孤独と疎外感はいつでも、どこでもあるし、愛されて育った記憶も体験もない、心許せる友もない、無視される、すぐ忘れ去られる、他人にはどうでも良い存在です。

だけど、神様は他の人が普通に敬遠する場所に働いてくださるお方なのですね。「欠点を直してください」と祈ってもいいんだ!

”ありのままで主は受け入れてくださるのだから、咲いた場所にいなさい”は、納得できません。今までそれでどれだけみじめで苦しいめにあってきたか、ほぼ成功の道を歩んでいる人には、わからない。

神様はわかってくださる。

 

きょうの恵みは、これで充分です。

主に感謝。

 

 

~本日のお祈り~

飯田馬場町教会(赤羽章牧師)

本日のアイオナ会のために

お互いが必要 | デイリーブレッド公式サイト 

キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。 コロサイ3:15

情報源: お互いが必要 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

ごめんなさい。今のわたしはねたみとそねみと悪意の塊です。自分よりもできる部分が多い人間を、専門を超えて妬ましい。成功を祝う気持ちになれない。

”なぜあいつらだけうまくいくんだ?””なぜ自分だけ違うんだ?”といった、うらやましさだけ。プラス親に言いたかった事を特定の人間にぶつけながら、それでも受け入れてくれるかどうかを探っているのです。

御霊の実と言える寛容さや慈愛、寛容、謙遜はありません。わたしこそ誉を得られるべき人間だ、もっと力を世間は認めるべきだ、”白い巨塔”そのもの。

たぶん”このような人間でない事を感謝します”と祈ったパリサイ人と同じ事を言ってます。そんな自分の闇を認めたくないから、大言壮語というよろいを着ていました。

ほんとうにわたしが訴えたかったのは、同胞の代弁ではなく、”わたしをあがめなさい”という事でした。

ねたみはこうやってほんとの自分を覆い隠して、悪意とほろびに向かわせる原動力になるようです。

どうしたらここから抜け出して、神様が求めておられる平和な人間関係に近づけるのか、思いつくのは祈りしかありません。

日々自分と向き合いながら、自分の闇の部分に隠れた自分の本音に気づかされる事。苦手と思える相手の幸せを祈る事。きっと自分自身が来るべき時に、責められることがない純真な者に変えられ、神のご栄光をあらわす器に変えられていくんだろうな。

あらためて自分自身のために、このお祈りをささげます。

わたしはこう祈る。〇〇の愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、それによって、〇〇が、何が重要であるかを判別することができ、キリストの日に備えて、純真で責められるところのないものとなり、イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。 (ぴりぴ人への手紙1:9~)

主の名において。アーメン

(分かち合いのページ:聖徒の祈りー勝手に命名)

 

本日のお祈り~

飯田入舟教会(丸大勝牧師)

明日の聖日に備えて

神の驚くべき御手 | デイリーブレッド公式サイト 

私の霊を御手にゆだねます。真実の神、主よ。あなたは私を贖い出してくださいました。 詩篇31:5

情報源: 神の驚くべき御手 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

順境や逆境の時は、やはりしんどいです。じっと文句もつぶやく事もせず、ひたすら自分の中に重たい石を抱えたまま、忍従することはできません。

主の前につぶやく事は悪だとは思いません。

神さまにゆだねるとは、自分の心の重荷を神様にぶちまけて、心を軽くしてもらう事、それから、神さまが適時に適切な解決の道が開かれていく事を信じて、前向きに生きていく事。

これがゆだねて生きるという事です。

その時の道しるべが聖書です。こういう風に考えてみたら?と聖書の言葉で方向性を示してくださるのです。

それで何度も何度も立たせていただいたのに、やっぱり見える相手の方がわかりやすいから、自分の気持ちを受けとめてもらいたくなる、ぶつけたくなる。そして人間関係がくずれた時に、深く傷つきます。

それでやっと気づくんです。ああ、神さまがいた!と。

神さまは裏切らない、見捨てない、ずっとそばにいてくれる、誰よりも頼りになるおかた。

わたしはずっと主についていく。順境でも逆境でも神を信頼していると、どうやって表すか~

神さまに心を軽くしてもらって、少し気持ちがあがってくれば、明るい表情に変えられる、いつも幸せそうな顔になる、きっと明日はいいことがあるはずと信じられる、未来に希望が持てる、喜んで生きていくこと、自分が幸せになる事、それが神様への信頼をあらわす事。

主に感謝。

本日のお祈り~

飯田知久町教会(平島愛恵牧師)

塩尻発達障害当事者会のために

ぎゅっと抱きしめる | デイリーブレッド公式サイト 

私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。Ⅰヨハネ4:16

情報源: ぎゅっと抱きしめる | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

わたしには障害があります。発達障害、注意欠陥多動性障害、自閉スぺクトラム障がい(アスペルガー)、これにより仕事を何度も変わりました。早ければ1週間、一番長く続いたもので1年間。すべて特性がわざわいしました。

3つ、4つ、5つ・・・解雇、リストラいい加減気持ちも萎えます。最後にやったのは営業でした。社長は元やくざ。もう性根尽き果ててこれ以上仕事探しをする気力も失せて、祈った事「神様もはや生きるための職探しはやめます。ほんとうに自分がやりたい事だけをやります。

すべて神様にゆだねます。これで死ぬことがあれば、全部神様が悪いんです!」

そう祈って今の生活(内職)になりました。障がい者年金も獲得しました。結果・・・・「公共料金が支払ません。」「お米が買えません」困った時の神頼みで、祈る事しばしば。3~4日後に不思議な事のなりゆきで、必要が満たされた!

「神様なんかなんにもしてくれねーよ!」と言っていた主人が、ついに折れて洗礼を受けた・・・。

苦境に立たされた時、切々と神様につぶやき、怒り、泣き、わめく・・・神様は聖書の言葉で返してくる・・・。

この神様とのやりとりは今でも続いています。

神様は生きておられる。

神さまの愛を当事者会、聖書を読む会という形で、人々に伝えたい、伝えています。

主に感謝。

 

~本日の祈り~

飯田吾妻町教会(守屋彰夫牧師)

神様の愛が特に生きづらさを抱えた人々に伝わりますように

 

 

何もかも失ったとき | デイリーブレッド公式サイト 

わが神、わが神。どうして、私をお見捨てになったのですか。遠く離れて私をお救いにならないのですか。私のうめきのことばにも。 詩篇22:1

情報源: 何もかも失ったとき | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

すべてを失ったと思ったのは救われる前です。特性で周囲の人が次々と離れてゆき、孤独と孤立感からうつに追い込まれていった時、北海道でいじめにあった時、教会から「もう来なくていい」と宣言された時、最後の頼みの綱も切れました。

その都度デボーションを通して、御言葉が心に響きました。祈りで何時間も神様にうったえながら、心が解きほぐれました。

そのうち仲間が増えました。この時は人の言葉が慰めになりました。どこかで人のぬくもりを求めていたのです。わたしにはそれがないと思いました。

すべて神様が備えてくださっている事を知りました。聖書で。

ほんの些細なお祈りも、神様はじっと耳を傾けていてくださっていたと知りました。神様の人間への関り方は、最高の見本です。「こんな風に接すればよいのだよ」と、実践で教えてくださいます。

だから今でも神様はわたしの心の支えであり、生きる模範です。

主にあってわたしは生きています。

主に感謝。

主の名において。

アーメン8.9帖

 

本日のお祈り~

伊那坂下教会(加藤智恵牧師)

藪原でのお交わりのために。

 

切望の石 | デイリーブレッド公式サイト 

そして主は彼に仰せられた。「わたしが、アブラハム、イサク、ヤコブに、『あなたの子孫に与えよう』と言って誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたはそこへ渡って行くことはできない。」 申命記34:4

情報源: 切望の石 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

ほめられたい、認めてほしい、自分が安心できる場所にいたい。それがわたしがずっと切望していた事でした。わたしは人の中に愛を求めていました。

だから無いものを得ようとがんばりました。褒められる、認められる→偉くなる→自己肯定感アップ

だったのです。追いかければ追いかけるほど、むなしくなりました。裏切られた気持ちになりました。どこにも自分の心を満たすものがなく、そのような状態に耐えられなくなりました。

わたしがほんとうに求めるべき場所は、主のふところです。何度も何度もさまようわたしを、神様はずっと探し追い求め続けてくださったのですね。

 

わたしが帰るべき場所は主の懐=教会です。

ある人の言葉にあるように、教会から主の愛を発信したいです。

今やっているボランティア奉仕は、主の愛を実践する場所です。依存する場所ではありません。

ついさっきまで自分が高い地位について、人を支配する事、他のメンバーがわたしの足元でひれ伏すことを求めていました。わたしの中にうずくまっているひそかな欲望。

それもまたわたしの渇きを呼び覚ます要因でした。

どうか主よ、このようなわたしを憐れんでください。

主にご栄光

 

本日のお祈り~

富士見高原教会(井上創牧師)

あるあるラボの働きのために。

朗読劇のために

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。