アイオナ教会とは

~アイオナ教会とは(週報から抜粋)~

塩尻アイオナ教会は、日本キリスト教団(プロテスタント)に属している教会です。この教会の名称は、スコットランドのアイオナ運動になぞらえて命名されました。

アイオナ運動は現代社会との連携において生きる教会の革新運動として、1938年以来スコットランドのアイオナ島にあった古い教会堂の廃墟を再建し、労働奉仕と礼拝を通して現代社会の諸問題と直面しつつ、新しいタイプのキリスト教を展開し、全世界の教会の革新に多大の影響を及ぼしてきました。

わたしたちの教会は1963年に塩尻伝道所として出発した教会ですが、アイオナ運動の精神を受け継ぐべく、スコットランドのアイオナ会のご了承を受け、塩尻アイオナ教会と命名されたのです。

教会はキリストを信じる者の集まりです。教会の目的はキリストによる解放と自由(教会の福音)を広く世界に宣言し、それを信じ、それに従って生きようとする人々に励ましと慰めを与え、愛と信頼に生き、他者への奉仕に生きる人々を育てる事です。教会は、社会や政治の不正や矛盾を見抜き、それをなくするために祈り働きます。

教会の長は牧師でも役員でもなく、キリストです。教会に属する者はキリストを頭とした兄弟姉妹として、お互いに親しみ助け合います。会員は日曜日に教会に集って礼拝をささげ、聖書を通して神の言葉を学び、説教や話しあいを通して信仰生活のあり方を学びます。教会はあらゆる人が参加できる神に召された者の集まり(エクレシア)なのです。

アイオナ共同体(英語ページ)

教会標語

2017年度:

共に礼拝を守り、祈りあい、証する群れを目指して

2018年度:

礼拝に結集する神の家族
あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり、 使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身であり、 キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、主における聖なる神殿となります。
             エペソ人への手紙2:19~21

日本基督教団塩尻アイオナ教会
塩尻教会の看板。夜も明るく通りをともしています、まさに世の光です。
広告
Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。