聖徒の祈り

わたしはこう祈る。〇〇の愛が、深い知識において、するどい感覚において、いよいよ増し加わり、それによって、〇〇が、何が重要であるかを判別することができ、キリストの日に備えて、純真で責められるところのないものとなり、イエス・キリストによる義の実に満たされて、神の栄光とほまれとをあらわすに至るように。 (ぴりぴ人への手紙1:9~)

主の名において。アーメン

※〇〇の部分を自分の名前、牧師、伝道者、兄弟姉妹など名前を変えて、祈ってみてください。

広告
Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。