「お交わり会in藪原」開催

本日午後14:00~1時間程度でしたが、藪原部落でのお交わり会の2回目をしました。今回はわたし1人だったので電車で、ごっとんごっとん揺られての道中です。

ほとんどマルコの福音書の拝読です。姉妹の精力的な姿勢にたじたじです。わたしの語る一言一言を、メモにしていく。そんなことまで?と圧倒されましたが、吸収したいという彼女の意志任せ。

求道というものではなく単に知識欲に近いものですが、聖書を通して神様が、どれほど深く彼女を愛しておられるか、彼女も御計画の中にあるのだと、知ってもらえたらうれしい。

次回はもう少しじっくりとマルコの福音書を、味わってみましょうと約束しました。あれもこれもと欲張っても人間ができる事は、限界があります。少しずつ楽しみながらやっていきましょうと結んで、今回のお交わり会は終わりました。

次回は5月5日(日)午後13:30~

お交わりに加わっていただける方を、募集しています。特に車を運転できる方大歓迎です。体が不自由な姉妹を乗せて、ボランティアでドライブに連れていける方を探しています。

メッセージくだされば、こちらか折り返しお返事します。よろしくお願いします。

広告

2019年度イースター(復活祭)

復活祭(イースター)4月21日(日)塩尻アイオナ教会

再びやってきましたよ~イースター♪

みんなで主イエスのよみがえりに感謝しよう~♪

藪原でのお交わり

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、草、植物、木、屋外、自然
秋の藪原

木祖村藪原宿の宮川邸で、お交わりをしてきました。きっかけは姉妹のよびかけで始まったことでしたが、姉妹の希望を聞きながら、今後どのようにしてお交わりをしいくかを、話し合いました。

いろいろ吸収したいという、姉妹の意欲や向上心に感心しきり。ひとまず月に一度のお交わりをしていくことになりましたが、教派を超えて主にある兄弟姉妹が、集まって一人の命のために、時間と体を捧げる、小さいけどこれも種まきです。

それにしても、過酷な職場であきらめずに、前向きに生きる姉妹の姿勢に、学ぶ事多いです。

主に感謝。

運転をする前に主に祈って出発。これも久しぶりだったけど、なんだかうれしいひと時でした。

彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。  使徒言行録2:42

受難節について

ちまたではイースターと呼ぶ方が通じるかもしれません。イースターエッグが昨今なぜかスーパーで売られるようになったので、”卵の日”と考えている人が多いかもしれません。クリスマスと並んで大事な教会行事です。

クリスマスよりも大事とおっしゃる教職者もいらっしゃいます。受難節について解説している記事がありますので、週報から抜粋します。

受難節をどのように過ごしたらよいでしょうか。受難節は「四旬節」とも呼ばれます。40日の期間から来た名称です。ドイツでは「断食節」と言い、昔はこの期間に断食をして悔い改めの日々を過ごしたといいます。受難節にもちいる典礼色は紫で、これも悔い改めを表します。プロテスタントのキリスト者の中にも、受難節はし好品を断ち、過食を控える、娯楽を慎むさらに断食を行う人もいるという事です。

断食をすることは、いろいろと効能はあるかと思います。もっとも、断食をすることそのものに大きな意味があるわけではありません。断食をするのは、祈りに集中するためです。自分の欲求を満たそうとすることを脇において、心を高くあげて、神を思うことに集中するためです。

わたしたちも受難節を過ごすにあたって、何よりも祈ることに時間と心を用いたいと思います。(2019年3月17日週報より引用)

聖書を読む会 in 塩尻

いままで土曜日にやっていた聖書を読む会が、水曜日午後3時からに変更されます、

目下コヘレトの書を読んでいます。

どなたでも気がるにご参加ください。

看板が目印です。

〒399-0738 塩尻市大門七番町13-24

0263-52-1889 (FAX同) 
牧師:高橋英美牧師

〒399-0738 塩尻市大門七番町13-24

0263-52-1889 (FAX同)
牧師:高橋英美牧師

クリスマス礼拝へのご招待

クリスマス礼拝

「星を道しるべに」/高橋英美牧師

時:2018年12月23日/10:30~

場所:塩尻アイオナ教会/塩尻市大門7番町13-24/Tel 0263-52-1889

燭火礼拝(キャンドル礼拝)

「ベツレヘムへでかけませんか」/高橋英美牧師

聖書:ルカの福音書2:15~20

2018年2月24日(日)pm6:00~

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tkyouku/iona.html


11/11降誕節第7主日礼拝のご案内

次週11日の礼拝は・・・・

聖書   ヨハネによる福音書12:20-25

メッセージ  短い命と長い命

賛美歌(21)  210 197 513 交読文詩編47 2-10

です~。

ぜひお気軽におたちよりください~

塩尻アイオナ教会

 

 

 

 

コンサートと証しの集い/信州なずなの会主催

主の聖名を賛美します。日本キリスト教団の暦によれば11月の第2聖日の週を「障害者週間」として守るように呼びかけています。

信州なずなの会ではこの時を覚え聖書の理解を深めて、教会と「障害者」のありようを吟味し改めて、差別と偏見の「垣根」を取り除く機会としたいと願っています。 教派を超えた集いですので、どなたも声をかけあってご参加下さいますように御案内申し上げます。

と き  2018年11月11日(日)14:00~16:30

ところ  日本キリスト教団 松本筑摩野伝道所

松本市芳川村井町北2-14-20  ℡ 0263-57-8982

開会礼拝

メッセージ 『 隠れていた響き 』  松本筑摩野伝道所 牧師   島津 晃

コンサート ケセラによる演奏

証し

1 ケセラ設立当初から現在にいたるまで。   代表   西村 昭太

2 ありがとう

津布楽幸八

代読 津布楽真弓(日本基督教団松本教会会員)

なずなの会の活動報告・決算報告・アピール  信州なずなの会々長   北原学人

自己紹介と交わりのとき

音楽ゲスト  NPO法人  ケセラ

障害者が地域で自立生活できる社会の実現を図るため、知的障害者を主とした障害者自らの音楽活動や他の芸術活動を通しての障害者自立支援事業や障害者が暮らしやすい街作りに関する事業を行い、ノーマライゼーション社会の実現に寄与することを目的とする。

南信分区フェスタ

松本教会http://space.geocities.jp/matsumotochurch/index.html
10月(月)10:00~15:00 会場:松本教会 ステージあり、模擬店あり。楽しくみんなで交流。

教会ってどんなとこ?というみなさんもぜひどうぞ

平和聖日特別礼拝へのお誘い

テーマ:平和を求めて、これを負え

日時;2018年度8月5日 午前10:30~(通常礼拝)

来月になりますが、塩尻アイオナ教会特別平和集会で鳥羽季義(すえよし)牧師にメッセージをしていただくことになりました。

信濃毎日新聞をとっている人は、知っているかもしれませんが、ネパールの宣教活動の中で地元言語のカリン語を独学で取得して、聖書を現地の言葉に翻訳、キリスト教への改宗に成功した方です。

新聞で特集も組まれ話題になりました。

ぜひ皆様お誘いの上おでかけください~

メッセンジャー:鳥羽季義(すえよし)牧師
言語学者・宣教師

場所:日本キリスト教団塩尻アイオナ教会

 

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。