最高の贈り物 | デイリーブレッド公式サイト 

彼はナタナエルを見つけて言った。「私たちは、モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方に会いました。ナザレの人で、ヨセフの子イエスです。」ヨハネ1:45

情報源: 最高の贈り物 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

つい昨日「イエスをもっと深くしりましょう」と種まきをしてきたばかりです。彼女はまだ知識欲でしかありません。だけど主イエスに出会って引き寄せられる人は多いのです。

人にがっかりする事はあっても、主イエスというお方に失望する事はありえません。自分というものを知れば知るほど、主の深い愛に心打たれます。自分にとって主イエスによるあがないが、どれほど大切なものであったかを知るのです。

 

わたしの信仰の成長のために、多くの人が関わってくれています。時には厳しい事も言われます。だけどわたしに愛が足りない事を、気づかせてくれる、大切な人々です。

 

種はまきました、どうか養い育ててください。

 

主に御栄光

広告

藪原でのお交わり

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、草、植物、木、屋外、自然
秋の藪原

木祖村藪原宿の宮川邸で、お交わりをしてきました。きっかけは姉妹のよびかけで始まったことでしたが、姉妹の希望を聞きながら、今後どのようにしてお交わりをしいくかを、話し合いました。

いろいろ吸収したいという、姉妹の意欲や向上心に感心しきり。ひとまず月に一度のお交わりをしていくことになりましたが、教派を超えて主にある兄弟姉妹が、集まって一人の命のために、時間と体を捧げる、小さいけどこれも種まきです。

それにしても、過酷な職場であきらめずに、前向きに生きる姉妹の姿勢に、学ぶ事多いです。

主に感謝。

運転をする前に主に祈って出発。これも久しぶりだったけど、なんだかうれしいひと時でした。

彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。  使徒言行録2:42

主を待ち望むものはすべて

 

主を待ち望む者は
新たに力を受けてのぼる

走り疲れず 歩みてうまず
鷲のようにのぼる

リビングプレイズ 81番

造り主と支え主 | デイリーブレッド公式サイト 

御子は神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現れであり、その力あるみことばによって万物を保っておられます。また、罪のきよめを成し遂げて、すぐれて高い所の大能者の右の座に着かれました。ヘブル1:3

情報源: 造り主と支え主 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

神様が作られたものは、みな美しい、

特に人間は神様の形に作られた最高傑作だと思いました。

今性の問題がいろいろと取りざたされていますが、主がお許しになって在るものは、わたしたちも受け入れるべきです。

聖書の御言葉が取り上げられて、物議を呼ぶ事もあります。誰もアダムとエバに会ったことがなく、ほんとうはどのような姿形だったのか、誰も知りません。

”男”と”女”と、役割名しか書かれていないので、今に当てはめて想像するしかありません。一番大事なのは”心”が神様に向いているかどうか、そこだけじゃないかな~と、やはり思います。人は姿形を見たがりますけどね。

いずれにせよ、わたしたちを作られた神様は、わたしたちの必要をもかえりみて、備えてくださいます。だからほんとに安心です。

すばらしい出会いにも感謝です。

主にご栄光

 

 

[CGNフォーカス] 1236編 3/13 (水) 樋野興夫氏「種を蒔く人になりなさい」出版記念講演会 

 

「種をまく人になりなさい」読んでみたい。「周りにどういわれても、何を言われても種をまくことをやめてはいけない」

 

アーメン!

動画

明るい光 | デイリーブレッド公式サイト 

あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。マタイ5:14

情報源: 明るい光 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

主よ、今朝の学びを感謝します。

”このようにして、キリストの日に、わたしは自分の走ったことがむだでなく、労したこともむだではなかったと誇ることができる。”

この言葉にほんとに救われる思いです。たとい周囲から何を思われようとも、どういわれようとも、わたしは種をまき続けます。底辺に生きる少数派の人たちの声を、無関心層にまで届けたい、神様に目をむき始めた1姉妹のために、祈り、共に御言葉を開きたい。

あきらめずに歩み続ける者にこそ、主は栄冠を与えてくださるのです。

主人がとうとう一緒にデボーションをしてくれなくなりました。

”飽きたのではない”と、主張していますが、主との交わりを断ち、好き勝手な道へ歩みだしたことに変わりはありません。わたしは彼のために祈り、洗礼準備にもつきあいました。

彼と共に歩んだ道はあなたがご存知です。悲しいですが彼がどこかで再びあなたに立ち返るのを、祈っていくだけです。

 

救われる者は少ないと、主はおっしゃっていましたが、その言葉をかみしめるばかりです。

牧師も同じです。主の召命もなく牧師になった者がたどる道は、明らかです。いつかは開眼し、正真正銘主から召命される時があるかもしれません。

 

まがりなりにも牧会されている牧者のためにも、祈り続けます。

もしもわたしの中に傲慢の罪があるなら、どうか罪の芽を摘み取り雪のように洗い清めてください。

主にご栄光

 

神に囲まれて | デイリーブレッド公式サイト 

山々がエルサレムを取り囲むように、主は御民を今よりとこしえまでも囲まれる。 詩篇125:2

情報源: 神に囲まれて | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

主に囲まれているなと最も感じる場所は、教会です。特別視することなく、差別することなくさらりと、いつもの通りに接してくれる兄弟姉妹との交わりはほんとに安らぎます。

意外とみられているんですよね、わたしの行動。

礼拝メッセージでハッと気づかされたり、慰められたり、学ぶことが多いです。けして話術ではないのですよね。

聖霊が導かれているのです。

話術だけで迫ってくるメッセージは、いかにも薄っぺら。

身分や資格でもありません。

種まきは誰でもできる、やるべきと某博士牧師の弁。

誰から何を言われようとも、わたしは主についていく。

主よ憐れんでください。

主にご栄光

父の記憶 | デイリーブレッド公式サイト 

何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。コロサイ3:23

情報源: 父の記憶 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

これは目下今わたしがクリアすべき最大のテーマです。

単調な仕事でも意味を見いだし、喜びと感謝の中で働く事。自分と価値観もペースも違う人と、平和にやっていくこと。すべてが日常生活が、訓練の日々。

よーく考えていくと、過酷だ!と感じていた仕事を通して得た報酬から、献金や活動費が出ています。

奉仕を通して人との関わり方を学んでいます。

曲がりなりにも、得意技が、いろんなところで用いられています。

わたしの最大の特性、多動、これがあるからたくさんの出会いがありました。自分がこの世で果たすべき役割も見えてきました。

 

木祖村でのご奉仕・・・実はものすごい数の異端が入り込んで、住民を食い荒らしている事が、明らかになってきました。ネットで悪名高い全*神が、わたしの友人に魔の手を伸ばしてきたらしい。

 

その中でわたしの友人が、主に見いだされた。村でたった一粒の種、神様の事をもっと知りたいと。

多くの牧者が撤退していった、地方の過疎の村々、多数の寒村がサタンのターゲットになっているもよう。どうか、主が哀れんでくださいますように。

主は生きておられる。どうか主の御栄光が地をあまねく照らしますように。

綿毛 | デイリーブレッド公式サイト 

モーセはこのようにイスラエル人に話したが、彼らは落胆と激しい労役のためモーセに聞こうとはしなかった。出エジプト記6:9

情報源: 綿毛 | デイリーブレッド公式サイト 

アーメン!

わたしがさじを投げられた人間だったので、匙を投げられる悔しさ、悲しさ、さみしさは誰よりもわかっているつもりだった・・。でもね今はわたしが他の人に同じことをしている時があります。

 

他人を自分に従わせること、これはほんとうではありません。自分に従わせたい欲求は、たぶん不特定多数の人が、深いところでいだく自然発生的な欲求です。

だって気持ちいいですもん。

他の人が自分にいいなりになって、なんでもやってもらえるのって。

自分が一回り分大きくなったような気分になれる。

自分は天才だ!

と、自信と誇りは絶好調、もっと、もっと、もっと・・・と、欲望は果てしなく膨張していく・・・。

一つ忘れてることがある、

相手も、わたしを従わせたいと思っているかもしれない、

相手には相手が育ってきた土壌がある。

自分とはまったく違う価値観の中で、生き抜いてきたんです。

よくよく見ると、はれま~完全にやっていることが、わたしのコピーじゃないか!

いや、けしてコピーしているわけではなく、同じレベルで動いているだけの事。

そしてたぶんわたしが今感じているような、苦い感覚で他のだれかにわたしも評価されているのは、確実です。ただ周囲はわたしよりもずっと大人だから、表にださずにじっと我慢しているのかもしれない・・・。

 

神様は作り主だからわたし一人ひとりの過去も未来もすべてご存知。それでじっと我慢して待っていてくださっているんですよね。

じゃああわたしも祈りながら、じっと待ってあげるべきですね。

いったんわたしのこだわりは脇においておきましょ!

結果オーライとなるまで。

あらためて神様を知っていてほんとうによかったと、感謝をかみしめる朝となりました。聞き分けのない人の態度は、そのまま神様の前にたつわたしの姿でした。

主にご栄光

 

 

 

 

受難節について

ちまたではイースターと呼ぶ方が通じるかもしれません。イースターエッグが昨今なぜかスーパーで売られるようになったので、”卵の日”と考えている人が多いかもしれません。クリスマスと並んで大事な教会行事です。

クリスマスよりも大事とおっしゃる教職者もいらっしゃいます。受難節について解説している記事がありますので、週報から抜粋します。

受難節をどのように過ごしたらよいでしょうか。受難節は「四旬節」とも呼ばれます。40日の期間から来た名称です。ドイツでは「断食節」と言い、昔はこの期間に断食をして悔い改めの日々を過ごしたといいます。受難節にもちいる典礼色は紫で、これも悔い改めを表します。プロテスタントのキリスト者の中にも、受難節はし好品を断ち、過食を控える、娯楽を慎むさらに断食を行う人もいるという事です。

断食をすることは、いろいろと効能はあるかと思います。もっとも、断食をすることそのものに大きな意味があるわけではありません。断食をするのは、祈りに集中するためです。自分の欲求を満たそうとすることを脇において、心を高くあげて、神を思うことに集中するためです。

わたしたちも受難節を過ごすにあたって、何よりも祈ることに時間と心を用いたいと思います。(2019年3月17日週報より引用)

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。