神がそこにおられる

私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現れ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。ホセア書6:3

情報源: 神がそこにおられる

アーメン!

神様と共にいる時はとても幸せなのに、神様から離れた世界にいるととてもみじめな気持ちになります。

安心している時のわたしは気持ちもおだやかでいられます、何をやってもうまくいきそうな気になります、なんでもできると気持ちも大きくなります。

教会でしか生きられないわたしって、なんなんなのでしょうか。

これは誇るべきことなのでしょうか。

神様の意図ですか?

”わたしだけを見ていきていきなさい”ということですか。

アブラハムさんは、ずっといつまでも続く砂漠の旅に不安はなかったのですか?

いつになったら落ち着ける場所にたどり着けるのだろうと、考えなかったのでしょうか。

成功したい、もっと有名になりたい、もっと本領発揮しておもうがままに生きたい、いろんな道があるけど、わたしが落ち着ける場所は、モーセさんではなく、ロトさん?なのかな。

”彼は栄えてわたしは衰える”

ずっとこのまま・・・。

 

すいません。ここのところ睡眠時間が4時間を切っているので、ちょっとうつっぽいです。

主よ憐れんでください。

広告

現在コメントは受け付けていません。.

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。