歯医者さんで/デイリーブレッド

それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。マタイ26:39

情報源: 歯医者さんで

アーメン!

相手の傷みに同調してしまう弱さは大きな傷みを感じます。きっと父なる神様が御子イエスの血の汗をながして祈られた御姿を、深い悲しみと傷みを持って見つめられた時に、近いものかもしれないと思いました。

罪の縄目に苦しむ人々の苦しみ、罪の深さも悲しみに満ちたまなざしで見つめておられたに違いありません。

わたしにできることはひたすら祈る事、そして主がわたしの上にどれほど深い愛を注いでくださったかを語り続ける事だと、あらためて思いました。

 

主に感謝

広告

現在コメントは受け付けていません。.

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。