助けを求める

そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」 マルコ10:51

情報源: 助けを求める

アーメン!

自分がどれだけ助けを必要としているか、時時忘れます。

”自分は強いのだ、だから他人の助けなど不要、むしろ助けてしんぜよう”

きっと地に目が向いている時のわたしって、こんな感じなんだろうなあ。

どれだけ鼻持ちならない、高慢ちきでずーずーしいおばばになっている事か・・・・。

・・・あ、おばばという自覚がまったくなく、未だに20代の小娘の感覚でしかないという、これもまた困ったずーずーしさ。

体だけはしっかり弱っているんですけどね・・・・。

主よ、こんな愚かなわたしですが、どうかよろしく。

広告

現在コメントは受け付けていません。.

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。