愛されていないかも

「わたしはあなたがたを愛している」と主は仰せられる。あなたがたは言う。「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか」と。「エサウはヤコブの兄ではなかったか。──主の御告げ──わたしはヤコブを愛した。マラキ1:2

情報源: 愛されていないかも

アーメン!

”愛されていないかも”

これは何度も襲われる悩みです。特にちょっとした人のしぐさや言動に常におびえています。

いつかきっと再び切り捨てられる・・・・

だから用心して心をちょっとずつ、ちょっとずつ開く、

究極の人間不信。

ぜったい見捨てない、見捨てるはずないと絶対的信頼をおいているのが神様です。

不安になると神様にしがみつきます。

何かあると真っ先に報告(は必要ないんだけど)するのは神様。

もう一つ心のよりどころにしてしがみついていた神様が、実はありました。

”障害者手帳”という神様です。

これがなければ自分は生きていけないと、まじめに信じていました。

わたしはずっと”障害者でなければ生きていけない”のだ

と、思っていました。

だけどほんとにそう?

みんなそれぞれに違う、個性がある、これって障害なんですか?

障害は何を隠そう周囲の健常者側から見て、いろいろなところで障害になるから、

健常者目線での障害なんじゃないですか?

もう障害者手帳にこだわらない事にしました。

わたしは主の選びに素直に従う事にしました。

どうか主の御心のままに。

 

広告

現在コメントは受け付けていません。.

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。