神は語られる

非難する者が全能者と争おうとするのか。神を責める者は、それを言いたててみよ。ヨブ記40:2

情報源: 神は語られる

アーメン!

なぜ自分だけ・・・。

自分にふりかかってくるあらゆる苦しみに、まったく説明がつかず悩み苦しんでいた時に、わたしが自分で出した答えー

”自分は憎まれるために生まれてきた”

でした。

だからいじめられても当たり前・・・

嫌われても当たり前・・・・・

見捨てられても当たり前・・・・

わたしは憎まれるために生まれてきたのだから・・・。

自分は間違って生まれてきたのだから・・・。

少なくとも母からはそう教えられていました。

わたしが生まれた日は”仏が死んだ日だ”とも、言われていました。

今から思うと無邪気だった子供の頃だったのですが、まじめに信じて学校で越えたからかに”あのね、わたしが生まれた日は仏が死んだ日だったんだって!”と、教室で声たからかに繰り返し言ってました。

 

でも今ならわかります。

すべての事は主の御栄光が表されるため。

内側が整えられてすべての人と平和に、愛しあって生きていくための訓練。

神様は必ず適切な日に高く引き上げてくださる。

そしていつでも心を受けとめて慰めと力を与えてくださると。

わたしは撰ばれているのだとも思います。

 

主に御栄光

広告

現在コメントは受け付けていません。.

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。