私のような罪人

すると、パリサイ人、律法学者たちは、つぶやいてこう言った。「この人は、罪人たちを受け入れて、食事までいっしょにする。」 ルカ15:2

情報源: 私のような罪人

アーメン!

恐怖がさった次には怒りや憎しみで目が覚めました。

過去にわたしに対して不利益、悪意、人格否定、差別、傷に塩をまぶす行為、様々な攻撃をしてきた人たちの顔や、その時の場面が瞼にうかびました。怒りで骨が痛みました。

神様に持って行きようのない絶望感と悲しみ注ぎだし、少し気持ちが軽くなってきたところで今朝のメッセージ・・・。

殺してやりたいほど憎いやつらの神でもあるのですよね。すでにこの世にいない者もいますが、主は悪を憎みつつすべての人類によりそい、愛してくださる神様、わたしの深く傷ついた心も抱きしめてくださる神様なのですね。

 

どうしても生活費が足りない、神様に明日の支払いのための必要を求める事は、ご利益信仰ですか。

リアルに哀れんでくださる神様ではないのですか。

その問題も今朝の聖書通読でリアルに生きて働かれている神様だと思えました。わたしたちの心と魂と体を守ってくださる神様に御栄光あれ!

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。