不完全でも愛されている

私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。ローマ5:8

情報源: 不完全でも愛されている

主よ、感謝します。

こんな不完全な人を愛し命を投げ出してくださった事を感謝します。

しかしどれだけ愛され赦されても、自分のこだわりや価値観を曲げて人を赦す事ができません。

人の前に立ったときは、あたかも自分が神であるかのような錯覚に陥ります。

どうか、いつでも、どこにいても、主の僕であり、主につながっていなければ何もできない哀れむべき罪人である事を思い出させてください。

主の御心だけがなりますように。

主の名において。

アーメン

前へ 過去の投稿

Follow 魂の休息所 on WordPress.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。